久々に。。(東日本大震災)

  • 2011.03.20 Sunday
  • 01:46
はじめに、3月11日に発生した国内最大の東日本大震災によって
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
ご遺族の方々、ならびに被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今は一人でも多くの方の命が救われ、被災に遭われた方々が元の生活を
取り戻せるよう、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

震災になってよくわかったことは、自分のことしか考えていない人が
大勢いるということ。

まず、東京に住んでいて買い占めをする人、ガソリンスタンドに何時間も並ぶ人
特に乾電池を何個も買う人、トイレットペーパーを大量に買い込む人
米を30KGも買う人。あんたら本当にそんなに必要なの?

あとが原発の問題。放射能を浴びるからと東京を離れ関西に向かった人
東京でMAX記録した0.5マイクロシーベルトってレントゲン1回とったときに浴びる
放射能と同じですから。
そんな人達っていつ東京に帰ってくるのでしょうか?

この世の中平和だから、少しでもなくなると聞いただけで不安になる
自分や自分の家族が生きられればそれでいいのかと聞きたい。

最後に広告を自粛する広告主へ
どうも日本の企業は右へならえ的な風潮が強い。
こういうときにこそ工夫を凝らした広告が必要なはず。
この時だからこそお知らせすべきことってありますよね。

いくらホームページで義援金を送ることを決めたり募集しても
アピールしないと誰にも伝わらないし、
自分の会社がどう被災者と向き合い、どう社会の役にたっていくのか
「アピール」するいい機会だと思います。
少なからず企業イメージアップを狙っている側面もあるわけだし。

その点、アリコジャパンの被災者へ向けたお見舞い広告や
KDDIの災害伝言板のお知らせはとても素晴らしいと思いますよ。

この震災を通じて、生きることは生かされること。
ボランティアをしたり募金をしたりすることだけが被災者へできることではない。
経済活動を止めないこと。普段どおり冷静に行動することも
被災地復興につながっていくのだと私は思います。

追伸
被災地への募金を考えている方。こちらの団体を紹介します。
すでに現地に入り支援活動をしております。

http://www.charity-platform.com/
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM