何事も適度が大事

  • 2015.10.13 Tuesday
  • 15:54

この世の中、当たり前だけどいろいろあるなぁ〜と。

仕事もプライベートもほとんどが人と関わるわけで、
その関わり方をどこまでするのかをある程度決めておく必要があるなぁと。

思いはなかなか伝わらないわけで、ねじれた糸はどんどんねじれていき
最終は解けなくなり、「切る」か「そのまま」にするかの判断を求められる。

切っても地獄、切らなくても地獄。
ま、そこまで行ってしまえば、元に戻るわけもなく
日々悶々とした思いで過ごさなければいけない。
「コブ」を抱えたまま過ごさなければならない。

なぜ、そうなったのか。

「距離間」を見誤っていることが原因である。(逆恨みは別として)

相手によく思われようとか、相手のために何かをしてあげようかと
その気持ちは「自分発信」で相手は求めているのかどうかの見極めが必要。
そうしないと単なる迷惑な話である。

良かれと思ってやっていても、迷惑だと感じれば、それはやる側の「エゴ」であり
「やさしさ」ではなく「鋭利なナイフ」になる。
結果、糸がねじれるわけである。

何事も適度が大事

まさにこのことである。


 

今日から4月です。

  • 2015.04.01 Wednesday
  • 11:30
毎年この時期になると、思い出すことがあります。

自分が新入社員だったときのことで、初めて寮生活に入ることになるのですが、
そこの寮が幹線道路沿いのトラックがビュンビュン走っている場所に立ち
洗濯物を干すと真っ黒になるという、劣悪な環境のマンションでした。

寮費が安かった以外では、会社からも遠いし、近くにスーパーもない
とにかく不便でした。

今思うとよくあんなとこに住んでたなと思いますが
一緒のマンションに住んでいた同期や先輩がめっちゃいい人で
そこに救われた感はありますね。

今年の新入社員には仕事もいっぱい頑張って欲しいけど
一緒に出会えた同期や先輩と仲よくなって
是非「可愛がられる」人間になってほしいなって。

そういう人は損はしないので。



 

EXILE PRIDE 19 夢と志のために生きる

  • 2015.03.31 Tuesday
  • 10:28
先日、フジテレビで放送していた内容の抜粋。

HIROさんの言葉が心に刺さった。


俺たちと同じ熱さを求めちゃうと逆に向こうにも
つらい思いをさせちゃうからある程度のそういう距離感を保って
一緒に熱いことをやっていける人を捜していくべき。

人が変わってなんで他の人って思ってもそれが仕事だから
別にそこでいちいちムキになっちゃいけない。

調子のいいときはわーって賞賛して、悪くなったらだいたい批判する。

だから礼儀正しくちゃんとしないといけないんだけど、
どこかでしっかりあんまりこうぶれちゃ行けない
淡々とやれるような流されちゃいけないようななにかを持ちながら
人としてちゃんと接しておくといいことは必ずある。

周りの環境が変わろうとも、
常に仕事への向き合い方は変わってはいけない。

そういうことだと思うよ。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM